ナイジェル・ケーボンウーマン|Nigel Cabourn WOMAN

MEN  
Company
MEN

Shop Info

/ ナイジェル・ケーボン ウーマン アーミー・ジム 東急プラザ銀座店

FATIGUE COAT / ファティーグコート

2018.03.07[ 入荷情報 ]

3月に入り、一気に暖かくなりましたね。
暖かくなったとはいえ、5月くらいまではなんだかんだと冷え込む日はありますよね。

今日は肌寒い日に活躍すること間違いなしのアイテムをご紹介致します!

今シーズンらしいアイテムであり、つい熱く語ってしまいました。
やや長文にはなりますが、お付き合いください。



【FATIGUE COAT / ファティーグコート】





colour : olive / navy
size : 6 , 8




ジャングルファティーグをデザインのベースに、アレンジを加え、ロング丈のコートに仕上げました。

ジャングルファティーグとは、
ベトナム戦争時、アメリカ軍に導入された熱帯用のジャケットを指します。

1963年に最初にアメリカ軍に正式採用されてから、機能と簡略を求めて4度もの改良を繰り返されました。

そう、ジャングルファティーグは、目粉るしく混乱に満ちたこの時代を代表するミリタリーウェアなのです。



このアイテムのモチーフは、1970年の最終形に至るまで幾度も改良を繰り返された中でも初期型のもの。
この1stタイプが生産されたのは1963年から64年の1年間だけ。

最大の特徴は、フラップを留めるボタンが全て剥き出しに縫い付けられた両胸と両脇の4つのポケット。



斜めに取りつけられているのは、内容物が取りやすいように。



目を引くポイントと言えば、背面の刺繍です。



こちらの刺繍は、ヴィンテージのジャングルファティーグに刺繍されている図柄をベースにしています。
オリジナルのヴィンテージジャケットは、官給品のジャケットに現地ベトナムで刺繍されました。
恐らくは、終戦後にスーベニアとしてベトナムで刺繍されたものが施されたものと推測します。
いわば、日本のスカジャンの始まりと同じようなものです。

そして、この刺繍について皆様に是非知って頂きたいポイントが
この刺繍が仕上がるまでの経緯です。

ベトナム刺繍は王宮文化をベースに育まれました。
古い時代のベトナム刺繍は一本の糸を染め分けた絣糸を使用しているため、非常に深い陰影を持つことが大きな特徴です。

オリジナルの持つ陰影を表現する為にある工夫をしているのです。

なんと刺繍を施すパーツをベトナムに持ち出し、
現地で刺繍した後に再び日本に戻すをいう工程を経ているのです!
この背面に施されているベトナム刺繍は1着ずつ職人がミシンを駆使して正に絵を描くように刺繍を完成させております。
大量生産ではこの風合いは味わえません。

ちなみに襟元にある刺繍はこんな感じです。





さらに、刺繍に加え、ファブリックも見落としてはいけません。



ファブリックは、コットンナイロン。
1950年代のモッズパーカのファブリックから着想を得たフェザーウェイトの生地です。

顔料は硫化を使っているので、着用を重ねる度に経年変化を楽しむことが出来ます。
そして、独特な色味の理由はもうひとつ。
タテ糸とヨコ糸を微妙に異なる色調で染めているのです。
その色味を間近で手に取ってご覧頂きたいです。



実際に着てみました。



カジュアルなイメージのファティーグコートに
あえて女性らしい白のキルトスカート合わせてコーディネートしてみました。



本格的に春らしい気温になってからコートやジャケットを探しても、
既にデザインが限られていて、なかなか好みのアイテムが見つからないという事はありませんか?

shop infoでは、入荷したアイテムをどんどんご紹介致しますので、
気になるアイテムがございましたらお早めにご覧いただけたらと思います!

東急プラザ銀座店スタッフ一同、心よりお待ちしております。



Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYM 東急プラザ銀座店
〒104-0061東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座5F

TEL: 03-6280-6532

東急プラザ銀座地図


販売スタッフ募集

採用

株式会社OUTER LIMITS採用ページ

 


 

 

 

インスタグラム Facebook Twitter ピンタレスト

ナイジェル・ケーボンオフィシャルサイトの更新情報は、
InstagramFacebookTwitterで随時お知らせしていますので、
「いいね!」「フォロー」をして是非ともチェックして下さい。
オフィシャルサイト限定でのコレクション情報や、予約情報も更新しています。