ナイジェル・ケーボンウーマン|Nigel Cabourn WOMAN

MEN  
Company
MEN
HOME > Brand Info > ナイジェル・ケーボン ウーマン デザイナー紹介

Brand Info

ナイジェル・ケーボン ウーマン デザイナー紹介

2015.03.31デザイナー紹介
Nigel Cabourn WOMANは
ナイジェル ケーボンをディレクターとして
ウーマンレーベルのデザイナーにオベリア・トランストトを迎え入れました。
〜自分の生き方を知っている女性〜
ナイジェル・ケーボン ウーマンでは、
ナイジェル・ケーボン メンズをベースにして
激動の時代に生きた女性の品格や精神を
今日の女性にふさわしいものに変換することを目指したコレクションです。

本質的には女性でありながら、アクティブでクール、
強く、自立していて、自身が今何をしたいかを知っている女性。


〜男性らしさと女性らしさのバランス〜
男性らしいのミリタリージャケットとフェミニンなヴィクトリア時代のブラウスを合わせるように、
堅牢で、実用的、そしてクラシックですが、
着用すると美しく、男性らしさと女性らしさのバランスが保たれています。


〜自信を与えるガーメント〜
信頼出来るガーメントの着用によって、
現代の女性に自信を与えることがナイジェル・ケーボン ウーマンの目的なのです。


タフであるが、決してハードではない
 フェミニンではあるが、決してもろくない〜
品質に一切の妥協を許さない、それがナイジェル・ケーボン ウーマンです。


Nigel Cabourn / DIRECTOR
ナイジェル・ケーボン
Nigel Cabourn
ナイジェル・ケーボン
1967 NEWCASTLE UPON TYNEファッションカレッジ入学。
1970  カレッジの最終年に自身の会社CRICKET CLOTHING LTD.を設立。
1973  “CRICKET” のブランド名でパリの展示会SEHMに出展し、本格的に海外への卸営業を展開する。
1980  SEHMにて、UKブランドとして過去最高受注金額を獲得。日本からの受注もこの時が最初。
1984  ブランド名を “CRICKET” から “NIGEL CABOURN” に変更。
1999  イタリアの展示会PITTI UOMOに出展。
2003  限定生産のNIGEL CABOURN LIMITED EDITIONを発表。(この時のコンセプトは、エベレストに
   初登頂したヒラリー卿とその登山隊がその時に実際に着ていた極寒用登山服をベースとしたものだった。)
2006  新生 “NIGEL CABOURN” ブランドを立ち上げる。
2007  SS08で本格的に全世界での卸展開を開始。AW08からはUK生産のオーセンティックラインを発表。
2008  パリの展示会TRANOI HOMME(SS09)に出展。
2014  英国ロンドンはコベントガーデンに路面店”Nigel Cabourn THE ARMY GYM"をオープン。
また、上記以外にも1980年代以降、デザインコンサルタントとして
BARBOURやALPHA INDUSTRIES, TED BAKER,

NAUTICA U.S.A., BERGHAUS等数多くのブランドにデザインを提供してきた。

 

 
 
Nigel Cabourn WOMAN / DESIGNER
Nigel Cabourn WOMAN デザイナー オベリア
OVELIA TRANSTOTO
オベリア・トランストト
2006 Chelsea School of Art and Design アート選考
2007 Central Saint Martins ファッションデザイン専攻
    (在学中:Hussein Chalayan、Dover Street Marketで経験を積む)
2011 デザインアシスタント、プリントデザイナー、アートディレクションを経験
2014 ナイジェル・ケーボン ウーマン デザイナー




 

ナイジェルケーボンオフィシャルサイトの更新情報は、FacebookTwitterでお知らせしていますので、
「いいね!」「フォロー」をしてチェックしてください。
オフィシャルサイト限定でのコレクション情報や、予約情報も更新しています。
[ Facebook ]    [ Twiiter ]