ナイジェル・ケーボン|Nigel Cabourn

woman  
Company
woman
HOME > Shop List > ナイジェル・ケーボン アーミージム 岡山ストア > Shop Info > JUNGLE FATIGUE JACKET - M65 TYPE – COTTON/NYLON 入荷です!!

Shop Info

/ ナイジェル・ケーボン アーミージム 岡山ストア

JUNGLE FATIGUE JACKET - M65 TYPE – COTTON/NYLON 入荷です!!

2018.02.02[ ジャケット ]
こんにちは!!
 
 今度のお休みにトレイルランという、山の中を走るマラソンの大会に初挑戦することになりました

 Nigel Cabourn THE ARMY GYM 岡山店の池田です。

 山の中を走るということで、虫刺されやケガへの注意が必要で、走る際の服装を悩んでいるのですが、うってつけの商品が岡山店に入荷いたしました。

 

 JUNGLE FATIGUE JACKET - M65 TYPE - COTTON/NYLON

 この商品はジャングルファティーグジャケットとM-65フィールドジャケットを融合させたデザインです。

 そもそも、ジャングルファティーグジャケットとは、60年代ベトナム戦争時、アメリカ軍が熱帯被服として開発したもので、大きく 1st 2nd 3rd 4th の4つのモデルに分類され、ナイジェルのジャングルファティーグジャケットは1stのデザインをべースにしています。

 1stモデルの特徴としては、ポケットフラップから露出したボタン。

 

 このデザインはジャングルファティーグの中でも1stモデルのみのデザインで、2ndモデルからは全てフラップ裏に隠れてしまう比翼仕様です。

 次に、肩のエポレット。



 このデザインは2ndモデルまでで、このエポレットがあるのとないのとでは格好良さが大きく変わってきます。

 名前の由来でもありますが、当時の兵士が着用していた環境がジャングルであったため、ポケットに水が入り込んでも抜けるよう、すべてのポケットにドレンホールが付いています。



 両袖はボタンでの調節ができ、背面もボタンで調節できるため、絞ることでシルエットを綺麗に見せることができます。





 次に、M-65フィールドジャケットですが、こちらも1stをモデルにしています。

 M-65フィールドジャケットといえば、アメリカ軍の戦闘服であり、M-40、M-43(M-50)、M-51と続いてきたフィールドジャケットの完成系です。

 細かな仕様変更はあるものの、30年近く同モデルが採用されています。

 M-51からの変更点といえば、コットン100%からコットン/ナイロンの50/50になった点や、襟がなくなり、スタンドカラーの中に簡易フードを装備した点などがあります。



 今回のナイジェルケーボンのJUNGLE FATIGUE JACKET - M65 TYPE - COTTON/NYLONはM-65フィールドジャケットとジャングルファティーグの良い部分を折衷して作られた最高の一品です。

 本当にこれを着てトレイルランという名の戦争に挑もうかと悩んでいます....。

 皆様もぜひ店頭にてお試しください。

 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM 岡山店
〒700-0822 岡山市北区表町1-3-27 2F
TEL 086-230-0335