Warning: implode() [function.implode]: Invalid arguments passed in /home/store103/cabourn.jp/public_html/collection/indexUtil.php on line 283
【SS19 MAN】ブリティッシュアーミーパンツ/BRITISH ARMY PANT|Collection|ナイジェル・ケーボン|Nigel Cabourn 公式サイト

ナイジェル・ケーボン|Nigel Cabourn

woman  
Company
woman
HOME > Collection 2019 SS > 【SS19 MAN】ブリティッシュアーミーパンツ/BRITISH ARMY PANT

Collection

2019 SS

【SS19 MAN】ブリティッシュアーミーパンツ/BRITISH ARMY PANT


1940年代、英国陸軍が運用していたカーゴパンツをベースにしたデザインです。
カーゴパンツというと、米軍のM - 51、65等が有名です。雑多なコピー商品を含めると大量の製品が流通しています。M - 51のオリジナルは優れた機能性のある秀逸なガーメントです。これらが徹底した合理主義の元に設計されているのに対して、英国で生まれた本製品のデザインは、機能的な中にもある種のエレガントさを持っています。
 51はアクションプリーツを膝関節部分に持ち、ウエストには持ちません。本製品はウエストに優雅なプリーツを持ち、膝はあくまですっきりとストレートです。
 その名の由来のカーゴスペースは51の場合、両腿にありますが、本製品は潔く片側のみ。そして、また違った用途の補助ポケットを左腰部分に持ちます。
 全体的にM - 51が合理主義一辺倒なのに対し、英国のそれは、どこか優雅なゆとりのような空気感を漂わせています。
 特にベルトループの仕様には興味深いものがあります。
 51のベルトループは、過酷な環境におかれるミリタリーパンツとしては驚くほど華奢です。ただし、これは51がこの他に着用方法をふたとおり装備しているという事実があります。ひとつはサスペンダーボタンであり、これはベルト外側にあるボタンで行います。もうひとつは、ベルト内側の一見謎のループです。ここに専用のフック付きサスペンダーを引っかけて使用します。
 M - 51の華奢なベルトループは恐らくこの3種類の多用な固定方法を考慮に入れた末ではないかと推測されます。
 ただ、ちょっと合理性をつきつめすぎてループがやや頼りないのは事実です。
 これに対し、英国物のウエスト部分は過剰なくらいに頑丈です。
 まず、ウエストを閉じるためのボタンが通常仕様の1個に対して3倍になっています。内かけで1個、センター表にはタテに2個並びます。またベルトループも幅広で頑丈なつくりになっており、さらにループ毎にボタンホールとボタンを持ち、開け閉めができるようになっています。この仕様により、ベルトにピストルホルスター、弾倉ケース、ナイフケースなど、様々な装備品を装着したままベルトを外すことができます。装着するときも同様にベルトに対し装備品をセットしておけば、そのまま身につけた後、ループで固定することができます。
 米国、英国ともミリタリーパンツに機能性を求め実現させていますが、個々の製品をじっくり見ると、国民性や考え方などがそのまま反映されているような、実に興味深い違いがあります。

サイズ
30-32-34
カラー
ダークグリーン
素材
コットン100%
品番
80380050030
取扱店舗
Collection
2019 SS
SEX
MEN
ITEM
パンツ
LINE
メインライン
生産国
日本